Facebook Group


 Facebook Group「ナラティヴ・セラピー」

 

以下の投稿は、Facebook Group「ナラティヴ・セラピー」からの引用です。このコミュニティに参加を希望される場合には、次のリンクから登録してください。

https://www.facebook.com/groups/narrativejp/


 

はじめまして、参加させて頂きます。

安心できる、話せる人と居場所。
アイデンティティと自尊心。
生きていて良いんだと思える大切さ。

何にしても、誰にしても、
心の有り様と生き方と、
そこから始まる気がします。

人は人によって支えらている!と思ったら支え合っていたり。
互いに関わり、語り合いながら整理したり気付いたり、そのプロセスに癒やされたりと。
オープンダイヤログやラップにしても、ナラティヴを基礎に学びたいと思っています。
... See MoreSee Less

2 hours ago  ·  

承認ありがとうございます。身障1級ですが、元ОTです。よろしくお願いします。 ... See MoreSee Less

5 days ago  ·  

国重 浩一さんがグループ「ナラティヴ・セラピー」で寿物語さんのイベントをシェアしました。 ... See MoreSee Less

寿物語「ことぶきナラティヴ」5回目

2月 20, 2018, 7:00pm - 2月 20, 2018, 6:00am

寿物語「ことぶきナラティヴ」5回目の会合のお知らせです。   ナラティヴ・アプローチ&ナラティヴ・セラピーを勉強してみたいと思われる方は是非参加してみてください。 ここでは、誰かが教えるというのではなく、みんなで一緒に学んでいくような場にしたいと考えています。 場所は、横浜・寿町にある「ことぶき共同診療所」でおこないます。住所は、横浜市中区松影町2-7-17 リバーハイツ石川町 1 ・ 2階です。 みなさんの参加をお待ちしております。

5 days ago  ·  

いよいよ今週末です。昨日、翻訳者のバーナード紫さんと調整しました。
 
明日の木曜日に、マイクと一緒に日本に移動するということでした。
 
マイクのプレゼンテーション資料も見せてもらいましたが、しっかりと準備をしてあり、日本に行く意気込みを感じました。
 
その資料も、バーナード紫さんが必要な箇所を翻訳して、配付資料に準備していますので、楽しみにしていてください。
 
私自身は日本に行けませんので、どのような会になったのか是非報告をお願いします。

☆満員御礼☆マイケル・ウィリアムズ講演会
... See MoreSee Less

☆満員御礼☆マイケル・ウィリアムズ講演会

1月 21, 2018, 1:00pm - 1月 21, 2018, 2:00am

マイケル・ウィリアムズ講演会 いじめ・対立を修復するスクールカウンセリング いじめの加害者を含む6人の生徒たちが、いじめ解決に暗躍する―― クラスの関係を修復し、いじめをなくすために、ニュージーランドやアメリカで実際に使われている方法です。 “教室を安心できる学び場に変えるには、どうしたら良いのだろうか” 教師に導かれながら、生徒たちはその方法を一緒になって考えます。 他者との新しい関係の持ち方を学ぶことで、対立とは異なる物語が教室に流れはじめます。何が行われているのか、何が起こっているのか、もっと知りたいと思いませんか? 講演では、ナラティヴ・セラピーに基づく考え方と、教育現場への応用についても取り上げたいと思います。 ※本講演は全て通訳(バーナード紫)がつきます。 日時:2018年1月21日(日)13:00~17:00(12:30開場/受付開始) 会場:東京家政大学板橋キャンパス三木ホール (JR十条駅より徒歩10分/都営三田線新板橋駅より徒歩15分) 参加費:無料(定員200名) 申込方法:下記のページにて、必要事項をご記入の上、お申し込みください。定員に達し次第、申し込みは締め切らせていただきます。申し込み後にキャンセルされる方は下記の「備考」欄よりお知らせください。 URL: goo.gl/forms/Oi257NtDRj7gUjoy1 マイケル・ウィリアムズ略歴: 現在、ニュージーランドエッジウォーターカレッジ学生支援カウンセリング長。修士(教育学)。秘密いじめ対策隊をはじめとするいじめへの取り組みにより、ニュージーランド・ヘラルド紙が選ぶ2012年年間最優秀ニュージーランド人にノミネートされた。カリフォルニア州立大学サンバナディーノ校のジョン・ウィンズレイド博士との共著 "Safe and Peaceful Schools: Addressing Conflict and Eliminating Violence"(邦訳:いじめ・対立に向き合う学校づくり―対立を修復し、学びに変えるナラティヴ・アプローチ)はベストセラーとなっている。

7 days ago  ·  

国重 浩一さんがナラティヴ・セラピーでグループの写真を更新しました。 ... See MoreSee Less

7 days ago  ·  

【ナラティヴ・セラピーに満ち満ちた2日間.ナラティヴ・セラピー実践勉強会のご報告】
土曜日は「Tree of life」で一年の目標を立てる。
日曜は「ナラティヴ・セラピー実践勉強会#16」と、ナラティヴ・セラピーに包まれた2日間は、自分の体をナラティヴが包み込むような感じで、なんだか充実した疲労感とともにうれしさがこみ上げる時間でした。
―――
土曜日は8名の方で「Tree of life」で一年の目標を立てました。
年末に続き、カラフルな木々から語られるその人だけの物語は、ほんとに豊かです。
「何時間でもできそう」という参加された方の声が、同じ気持ちを味わっているようでとてもうれしいことでした。
一年の目標を立てる上で、自分の内側から湧き上がってくるものからやりたいこと・とりくみたいことが出てくるのがとても力強く感じます。
一人一人の根っことしてある部分が共有できて、他の方のtree of lifeからも刺激を受ける形もなんだか一緒に時間を過ごす価値があらためて感じられて、ほんとにナラティヴっぽいものでした。

参加した後は、みなさん「短い!」と言ってくれる人がほとんどなのですが、5.5時間と聞くと長く感じるのがネックかもしれません(笑)
ほんとに短いんです。
毎回、興味深い時間が過ごせるので、「Tree of life」は定期的に行って、ある程度参加人数が増えたらぜひ「同窓会」で語りの第二弾をやってみたいと思っています。
―――
日曜は「ナラティヴ・セラピー実践勉強会#16」。
午前中から参加いただいた16名で、ナラティヴ・セラピーを身近にするべく「small step!practice!」を行いました。
外在化の会話法は、ちょっと困った問題の話をしているにもかかわらず、お互い笑みがこぼれるところがほんとに興味深いです。
その問題を茶化すわけでもなく、自然と出る笑い声。
いつの間にか、問題を「ま、いっか」と感じてしまうのもうなずけます。

後半は、日常でのナラティヴ・セラピーの実践例を共有しました。
実際に自分が行ったものや、実際に受けたもの。
臨床の場といった専門的な部分だけではない広がりを感じられて、可能性はまだまだ秘められているな、と思いました。
ナラティヴ・セラピーでいう「語られていないストーリーはきっとある」という部分と似通っていて、考えられていない可能性・語られていない可能性というのも、ほんとに無限にあるのだろうな、とワクワクする気持ちがあります。
―――
この2日間はとても豊かな時間でした。
今年もナラティヴは、自分にとって大きな存在として、より身近にいてくれるもののように感じます。
それがみなさんにとっても、いいものでありますように。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございます。
ご興味持っていただいていた方、次回以降ぜひご一緒しましょう。
次回は2/10(土)AM。
ニュージーランドから国重先生をお呼びしてのワークショップは3/31(土)に行います。
... See MoreSee Less

1 week ago  ·  

Copyright © Dandelion by Pexeto