Reviews

スーパービジョン:Supervision in the Helping Professions

スーパービジョン,スーパーバイザーについて調べています。ワイカト大学の教員に何か良い本がないかきいたら,この本を紹介してくれました。

 

この本では,スーパーバイジーの心構えというか,どのようにしたらスーパービジョンを活用できるのかという視点と,スーパーバイザーになる人のためにのことが書かれています。どちらも非常に実践的であり,現実的な内容であるので,参考になると思います。

 


Supervision in the Helping Professions

 

Supervision in the Helping Professions Supervision in the Helping Professionsalt
Peter Hawkins

Open University Press  2007-01-01
売り上げランキング : 262438

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

<目次>

Preface

Acknowledgements

Part One: The supervisee?s perspective

— ‘Good-enough’ supervision

— Why be a helper?

— Continuing to learn and flourish at work

— Being an effective supervisee

Part Two: Becoming a supervisor and the process of supervision

— Becoming a supervisor

— Maps and models of supervision

— The seven-eyed process model of supervision

— Working with difference ? transcultural supervision

— Supervisor training and development

Part Three: Group, team and peer-group supervision

— Group, team and peer-group supervision

— Exploring the dynamics of groups, teams and peer groups

Part Four: An organizational approach

— Supervising networks

— Towards a learning culture

— Developing supervision policy and practice in organizations

— Conclusion: Keeping our hearts and minds open


 

日本ではスーパービジョンが現実感をもって議論されていないような気がしています。このような本の翻訳が望まれます。