BlogPost

サイボーグというメタファー

「あなたへの社会構成主義」(ケネス・ガーゲン著 ナカニシヤ出版)を大変興味深く読んでいます。

 

ガーゲンにして大変わかりやすい言葉で綴った文章ですので、社会構成主義への入門書として最適であると思いました。これからも引用などで、重宝しそうです。

 

さて、この本で私がまだ知らなかった概念がいくつかできたのですが、そのひとつが「サイボーグ」です。石ノ森章太郎のサイボーグ009のことではないです。こちらのテーマソングは私が好きだったひとつですが、、、(別に関係ないですけど)

 

「ある部分は人間であり、他の部分は機械であるという存在の可能性を考えてみましょう」(P.316)

「例えば、歯に詰め物をしたり、めがねをかけたりしている時、どこまでが私自身で、どからかが私たちがうまだしてテクノロジーであるのかを明確に区別することはできないでしょう。さらに、補聴器、ペースメーカー、義手・義足、車椅子――を考えてくると、ますます私たちとテクノロジーが一体になっているということがわかります。(中略)レジ尾によって、私たちの耳は遠く離れた音を拾うことができます。テレビは、wあたしたちの視界を宇宙にまで広げてくれます。コンピューターのキーは、私たちの声を地球上のいたるところに届けてくれます。アドレス、日記、手紙、文章、単語のスペルなどに関する自分の記憶を、コンピューターに蓄積されている記憶から明確に区別することは困難です。私たちはみな、ある部分はサイボーグとして生きているといっても、決しておかしくはないのです。」(P.316

 

このメタファーを採用することによって何を得ようとしているのでしょうか?

文章を読んでいくと、私たちのモダニズム的な思考パターンの代表である、「善と悪」「正解と不正解」という二分法への挑戦として、このメタファーが有効ではないかという議論です。

 

このメタファーの有効性についてもう少し自分の中で考えていくことにします。

 

あなたへの社会構成主義
あなたへの社会構成主義 ケネス・J. ガーゲン Kenneth J. Gergen

ナカニシヤ出版 2004-11
売り上げランキング : 59007

Amazonで詳しく見る by G-Tools