BlogPost

Do You Hear The People Sing? (レ・ミゼラブルの主題歌)

ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、 アマンダ・セイフライドが主演した映画「レ・ミゼラブル」をみました。

ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)が、神に対して、そして自分に対して「Who am I?」と自問していくシーンが、自分に一番オーバーラップするところでした。

レ・ミゼラブルの主題歌である「Do You Hear The People Sing?」も効果的に使われていて、最後のシーンでは涙できます。この曲は、「民衆の歌」と訳されているようです。

歌詞を引用しておきます。

Do You Hear the People Sing? by Les Miserables Cast
ENJOLRAS
Do you hear the people sing?
Singing a song of angry men?
It is the music of  people
Who will not be slaves again!
When the beating of your heart
Echoes the beating of the drums
There is a life about to start
When tomorrow comes!

COMBEFERRE
Will you join in our crusade?
Who will be strong and stand with me?
Beyond the barricade
Is there a world you long to see?
Courfeyrac:
Then join in the fight
That will give you the right to be free!

ALL
Do you hear the people sing?
Singing a song of angry men?
It is the music of a people
Who will not be slaves again!
When the beating of your heart
Echoes the beating of the drums
There is a life about to start
When tomorrow comes!

FEUILLY
Will you give all you can give
So that our banner may advance
Some will fall and some will live
Will you stand up and take your chance?
The blood of the martyrs
Will water the meadows of France!

ALL
Do you hear the people sing?
Singing a song of angry men?
It is the music of a people
Who will not be slaves again!
When the beating of your heart
Echoes the beating of the drums
There is a life about to start
When tomorrow comes!

このような革命の映画を見るとき、社会的構造から虐げられている人たちが 過去の人たちであると、みることができません。今も多くの人たちが、この地球上にいます。

そして、先進国といわれる場所にも。資本主義や民主主義という概念で扱われる自由、平等だけでは、不十分であると認める時期だと思うのです。

革命には多くの血が流されます。しかし、このやり方はあまりにも悲しすぎるのです。

原作をもう一度読みたくなります。

レ・ミゼラブル (1) (新潮文庫)
レ・ミゼラブル (1) (新潮文庫) ユゴー 佐藤 朔

新潮社 1967-05-12
売り上げランキング : 17605

Amazonで詳しく見る by G-Tools

レ・ミゼラブル (上) (角川文庫)
レ・ミゼラブル (上) (角川文庫) ヴィクトル・ユゴー 永山 篤一

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-12-18
売り上げランキング : 12449

Amazonで詳しく見る by G-Tools

レ・ミゼラブル 全4冊 (岩波文庫)
レ・ミゼラブル 全4冊 (岩波文庫) ヴィクトル ユーゴー 豊島 与志雄

岩波書店 2003-09-09
売り上げランキング : 18137

Amazonで詳しく見る by G-Tools