Let It Be CorrespondenceReviews

「女の子どうしって、ややこしい!」

女の子どうしって、ややこしい!

レイチャル・シモンズ著、鈴木淑美訳、
草思社、ISBN: 4794212178、価格1,470円

親や教師が、友人関係に悩んでいる子供をみるとき、「何でそんなことで」という疑問を持たれるかもしれません。いくら「そんなことを気にしなくてもいいだ よ」と話しても、本人にそのことが大きくのしかかっているようなとき、理解に苦しむことがあります。そのようなときにこの本をお薦めします。

Amazon.co.jpのレビュー (http://www.amazon.co.jp/)

女の子どうしって、ややこしい……どころじゃない。恐ろしい。親友が突然口をきかなくなる、ほかの子とつるんで 無視する、陰口を言う、孤立させる──どんなにつらい状況かは、だれでも容易に想像できる。この手の仲間はずれ攻撃は、村社会日本の専売特許だと思ってい たがとんでもない。  本書で紹介される女の子たちのいじめときたら、陰険かつ巧妙、その威力は絶大だ。弱いところをぐさりと突き、心をずたずたにする。大人になってもその後 遺症から立ち直れない被害者もいる。男の子の暴力と違って外からはわからないため、親や教師はまったく気づかない。でも実は深刻な問題なのだ。そのことを 気づかせてくれる、というだけでも本書は読む価値がある。  多くの少女や成人女性への取材を通じてこの問題を調査した著者は、女の子特有の非暴力的ないじめを「裏攻撃」と呼ぶ。そして、その原因は女性の攻撃性を 否定する文化にあると言う。女の子は無意識のうちに「いい子」であることを求められ、人気者になる競争を強いられる。だから人間関係を壊すことを極度に恐 れ、怒りや衝突、不快感を直接表現できなくなる。そこで間接的な「裏攻撃」が登場するというわけだ。  いじめ体験に潜む被害者と加害者の心理を探りつつ、著者はいじめにあったときの対処法や親の心構えなどを親身にアドバイスしている。女の敵は女かもしれ ない。でも救いの手をさしのべるのもまた女なのだ。人間関係に悩む女の子とその親、教育関係者はもちろん、いじめに苦しんだ経験のある大人にも、ぜひ一読 をすすめたい。(栗原紀子)

目次

  • 1章 女の子の隠れた攻撃性
  • 2章 親友が敵になるとき
  • 3章 みんなでいじめれば悪くない
  • 4章 カンペキなつもりの女の子
  • 5章 いじめる子は邪悪か
  • 6章 人気をめぐる策略
  • 7章 やられたらやり返せ!
  • 8章 困惑する親、誤解する教師
  • 9章 これから何をすればいいか

 

女の子どうしって、ややこしい!
女の子どうしって、ややこしい! レイチェル・シモンズ 鈴木 淑美

草思社 2003-06-15
売り上げランキング : 98907

Amazonで詳しく見る by G-Tools