BlogPost

教育の幅

教育の幅があまりにも狭いと感じています。大人が押しつけたある一定の枠にはまらない子どもたちは、泣き、自分を責め、生きるということに希望を見いだせないでいます。適応できる環境をしっかり整えてあげるのは、大人の役目なのです。

学校という場は、子どもにも保護者にも手が出せません。また、他の領域(医療や福祉)からの声が伝わりにくいところです。これは何を意味するかというと、学校をどのようにしていくかは、教員の手にゆだねられているということです。このことを是非認識していてほしい。

ただ常識的なことや前例のことを繰り返すだけでは、十分ではないということであると、理解していてほしい。

黒柳徹子さんが通った「トモエ学園」が意味するところは大きいので、是非教員の方には読んでほしい。また、学校という権威に屈しないためにも、保護者にも読んでほしいです。

窓ぎわのトットちゃん (講談社文庫) 窓ぎわのトットちゃん (講談社文庫)

講談社 1984-04-15
売り上げランキング : 8769
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

窓ぎわのトットちゃん (講談社 青い鳥文庫) 窓ぎわのトットちゃん (講談社 青い鳥文庫)
いわさき ちひろ

講談社 1991-06-15
売り上げランキング : 142897
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools