BlogPostFeatured

"Pit-head time"あるいは"Pit-head baths"の訳語

今訳している文章に”Pit-head time”という言葉があります。この言葉の説明として、以下の文章が伴いますので、炭鉱で働いた汚れを落とす時間であることがわかります。

英国の炭坑作業員は、1920年代に「Pit-head time」を求めて闘いました。これは、仕事の汚れを雇用者側の時間内で洗い落とすための時間で、その汚れを家に持ち帰らないためのものでした。スーパービジョンのための時間は、個人的な苦悩、病苦、崩壊などの第一線で仕事をする人々にとっての「Pit-head time」に値するものなのです。

 

Pit-headは、「立坑坑口」ですので、単純に訳せば「立坑坑口タイム」となります。これでは、意味が分からないという指摘がありましたので、どのような訳を当てるのか検討して見ました。

そもそも、英語の表現として”Pit-head time”はあまり使われていないようでした。それよりも、”Pit-head baths”のほうがインターネットの検索では、一般的でした。よって、説明文とも一致しますので、”Pit-head baths”として訳したほうがいいと思います。

実際の訳語は、「炭鉱作業後入浴時間」「入坑後入浴時間」「入坑に伴う入浴等の時間」などのバリエーションが考えられます。説明もありますし、場所が炭鉱であるということも明記されているので、「入坑後入浴」でもいいのですが、この文章はそのための「時間」を取るということに焦点を当てているため、「入坑後入浴時間」としておきます。