BlogPost

”Social constructionism”を説明している部分の訳

今、次の文章を訳している。 

Social constructionism and social constructivism are sociological theories of knowledge that consider how social phenomena develop in social contexts. Within constructionist thought, a social construction (social construct) is a concept or practice that is the creation (or artifact) of a particular group. Social constructs are generally understood to be the by-products of countless human choices rather than laws resulting from divine will or nature. Social constructionism is usually opposed to essentialism, which defines specific phenomena instead in terms of transhistorical essences independent of conscious beings that determine the categorical structure of reality.

Madigan, S. (2011). Narrative Therapy. Washington, DC: American Psychological Association

 この文章において、insteadがどこにどのようにかかっていくのかが分かりいずらい。そもそも、必要かどうかさえ不明瞭である。

Social constructionism is usually opposed to essentialism, which defines specific phenomena instead in terms of transhistorical essences independent of conscious beings that determine the categorical structure of reality.

この部分だけを検索してみると、次のようなバリエーションが存在することが分かる。

Social constructionism is usually opposed to essentialism, which instead defines specific phenomena in terms of inherent and transhistorical essences independent of conscious beings that determine the categorical structure of reality.

http://psychology.wikia.com/wiki/Social_constructionism#cite_note-1

 

Social constructionism is typically positioned in opposition to essentialism, which sees phenomena in terms of inherent, transhistorical essences independent of human judgment.

http://en.wikipedia.org/wiki/Social_constructionism#cite_note-2

 

Social constructionism is usually opposed to essentialism, which instead defines specific phenomena in terms of inherent and transhistorical essences independent of conscious beings that determine the categorical structure of reality.

http://accprotection.com/social%20constructionism.htm

 

このすべてが、ビビアン・バーの”An Introduction to Social construstionism” (1995)からの引用になっている。

さて、上の英文を比較してみると、insteadの位置が変わっていたり、無かったりしている。そのため、引用する人も、このinsteadを少しもてあましているのではないだろうか。

この場合、原典に戻ることが常套手段ではあるが、ビビアン・バーの本を持っているがうまく捜すことができなかった。また、Google booksでも、検索をかけてみたが、該当する箇所を見つけることができなかった。

みんな孫引きして引用しているので、おかしなことになっているのかもしれないという、懸念を持った。

 

さて、訳である。

社会構成主義と社会構築主義とは、社会的文脈の中で、どのように社会現象が発展するのかという、社会学的な認識論です。構成主義者たちの考えによれば、社会的構成とは、あるグループによる創造物(あるいは人工物)についての概念あるいは実践を示します。社会的構成は、神の意志や自然による法則よりも、人間の数え切れないほど多くの選択により産み出されたものと、一般的には理解されています。社会構成主義は通常、現実に対する分類化された構造を決定づける意識とは無関係である、歴史を超越した本質的な観点によって、特定の現象を定義する本質主義に反しています。

 

Insteadを含めなければいけない理由は見つかりませんでした。

 

"Sun Rising" on Prospect Cottage