BlogPost

DCNZがワイカトタイムズに紹介されました

Diversity Counselling New Zealand

2013年9月に、Diversity Counseling New Zealand(DCNZ)という非営利団体を立ち上げ、その活動を軌道に乗せるべく、他のカウンセラーと活動してきました。

この活動を通じて、英語だけでなく他の言語でも、心理カウンセリングを提供しようとするものです。実際、カウンセリングのようなものは、つたない英語でやろうとしても限界があります。これは、母国語でする必要があるところなのです。

Waikato Times (ワイカトタイムズ)

ワイカトタイムズは、ニュージーランド・ハミルトン市にある地元の新聞社です。 http://www.stuff.co.nz/waikato-times

新聞記者であるハリー・パール(HARRY PEARL)に取材してもらい、記事にしてもらいました。内容を読むとしっかりと書いてくれたと思います。

また、他の組織の担当者のコメントも載せてくれたのですが、みな、貴重な意見を述べてくれました。

記事

http://www.stuff.co.nz/waikato-times/news/9643990/Counsellors-seek-to-fill-the-gap-for-migrants-needs

Counsellors seek to fill the gap for migrants’ needs

HARRY PEARL

Last updated 05:00 24/01/2014

Demand for counselling among Waikato’s growing ethnic communities has prompted a Japanese counsellor and clinical psychologist to start a service in Hamilton.

Immigrant support services in Hamilton have welcomed the arrival of Diversity Counselling New Zealand, a newly established charitable trust that offers counselling services in five foreign languages, with plans to add more.

The initiative is said to fill a gap for culturally aware and foreign language-friendly support in the region, which according to last year’s census is becoming increasingly diverse.

  • © Fairfax NZ News

残りの文章は、ワイカトタイムズのサイトで読んでください。

Counsellors seek to fill gap for migrants Stuff co nz